無人精米所(24時間営業)に行ってきた

コメはやっぱり精米したてが美味しいです。
というわけで、実家からは毎回玄米の状態で支給(!?)してもらっています。親に感謝感謝。

24時間営業中の無人精米所

24時間営業中の無人精米所

今回は時々川口から精米をしに行っている草加と越谷の境にある精米所の使い方の紹介です。
この場所以外の精米所も使っていますが大体システムは同じような感じです。
もしよろしければご参考に。

※無人精米所はみんなで使うモノ/場所です。きれいにルールを守って使いましょう。

1.まずは玄米を持って無人精米所に行きましょう。

2.精米する玄米を投入口に入れます。もちろんお米以外のモノの投入は厳禁!お米だとしてもくず米や虫食いのものなども禁止です!

無人精米所投入口

ここに玄米を投入します。

3.10kgにつき100円を入れます。100円玉を入れた時点で精米作業が自動で始まります。
※料金は精米所ごとに異なりますのでよく確認を。
※100円玉は必ず用意しましょうね。慌てて両替に行かなくて済むように。

無人精米所現金投入口

必要な重さに応じたお金を入れます。

4.精米の精度をダイヤルで調整します。私は白ごはんが好きなためいつも設定5です。

無人精米所精米度ダイヤル

ダイヤルを回すことでお好みの精度にできます。

5.精米できたお米がどんどん出てきます。精米したてはアツアツな状態です。

無人精米所精米吐きだし口

精米したてはアツアツです。

6.お米が出てこなくなるまで機械を止めないでください。お米が出てきているのに機械が止まってしまう場合は100円玉を追加して機械を動かしてください。お米の残り残量はダイヤル上ののぞき窓で確認できます。

7.作業が完了したら受け皿の下にお米が入っていた袋をセットしてぺダルを踏みお米を袋に戻します。
※きちんとセットしないとこぼします。

無人精米所袋詰め

最後はこぼさないように袋詰めです。

8.きちんと扉を閉めて帰宅です。扉を閉めないと鳥などが入ってきて汚します。

以上で精米終了です。
これで美味しいご飯が食べられます。

この精米所の場所(緑矢印の場所です):

大きな地図で見る