Webページに埋め込まれているプラグイン、JSの調べ方

仕事柄「ここん家(Webサイト)はどんなタグを埋め込んでいるのかな~?」などと調べることが多いです。

アクセス解析のタグ、アフィリエイト広告、GoogleやYahooの広告関連などなど。

この作業は一々ソースを開いて、チェックするというなんともメンドクサイ作業です。
それを解決する素晴らしいChromeアプリを見つけました。

Ghostery」です。

インストールすると、下の様にアクセスしたWebページに仕込まれているプラグインを表示します。
気になる場合、この表示はクリックすると消えます。

google_ghost_01

で、自分にとって表示させたくない、無効にしたいものを「無効化」することもできます。
Chromeの画面右上のオバケマークをクリックすると、各プラグインの有効無効を選択できる画面が表示されます。

google_ghost_02

あるサービスの申込みを行ったところ、完了画面にアフィリエイト広告系のタグが表示されて、だったらセルフアフィリエイトで申しこめば良かった~などと思ったこともあります。w

SEO会社、リスティング広告の営業さんのパソコンを覗いたらこのプラグインがインストールされていました。
結構使われているプラグインなのですね。

ぜひお試しを!