LINEカメラで顔などを切り抜いて合成する方法 | 自分でスタンプを作る方法【2017版】

写真の顔を切り取って別の写真と合成したりすることがLINEカメラでできるようになりました。
早速試していますが面白いですね。
少し前のサムスンのGALAXYのCMのように遊べそうです。

顔の切り抜きと合成する方法

2016/09/14 加筆
2013/04当時に書いた記事と、現在のLINEカメラの仕様が異なっていましたので、加筆修正しました。

手順1:LINEカメラを最新版にする

LINEカメラのバージョンアップ方法は、LINEカメラを起動して画面右下の歯車マークをタップします。
その後に表示される設定画面に「バージョン」とありますのでこれをタップして指示に従ってください。

手順2:土台になる写真を用意

LINEカメラで撮影、もしくはアルバム(カメラロール)などから選択します。

手順3:写真の編集モードに切り替え

「編集」をタップして編集モードにします。

手順4:切り抜き・スタンプ作成作業

編集モード画面の下にある♥(ハート)マークを選びます。
次にハサミマークを選んで、その下に出てくる「+(プラス)」ボタンを選びます。

ここで、再度写真選択の画面になったら、改めて写真を選んでください。 

切り抜きモードになるので、好みの切り抜き方を選んで作業をします。

終わったら「次へ」をタップしてください。

LINEカメラ自分でスタンプを作る方法

手順5:貼り付けたい写真を選んで貼り付ける

アルバムに戻り、貼り付けたい(受け)側の写真を選びます。また、編集→♥マーク→ハサミの順に選んでいくと、先ほど手順4で切り抜いたものがスタンプとしています。

それを選んで、合成作業の完了です。

LINEカメラ写真の合成

 

今回は取り急ぎ用意した素材にあった、モルモットとリスという組み合わせですがしっかりと考えて合成すれば面白い写真ができること間違いなしです。ぜひ面白い合成写真を作ってみてくださいね。

ぜひお試しを!