コストコを退会した6つの理由【退会方法の説明付き】

先日、コストコの無料体験チケット的なものを手に入れコストコに行ってきました。
その時の高揚感でついつい(!?)入会してしまったのですが、私には合わないと思い1週間で解約・退会をしてきました。

入会から解約までの流れをまとめたいと思います。

コストコの入会から退会まで

無料体験から本会員入会まで

コストコ会員カード

まず無料体験入店ですが、チケットを持っているだけで入店はできません。最初に店員さんから「当日は混んでいる」「買い物はできるが、手数料を上乗せますよ」「レジを通る前にまたこのカウンター(この説明を聞いているトコロ)に来てもらう必要がある」「その時は手続きに時間がかかることがある」などなどと説明を受けました。この時点で結構な時間が経っていました…。w
「入会後は1年以内に解約すれば年会費4,000円(税抜)は全額返金しますよ」という言葉でまぁ、この先何度かくるかもしれないからとりあえず入っておくかと思い入会しました。4,320円払って隣のカウンターに行き、写真を撮ってその場で会員カードが発行されました。

コストコを退会した5つの理由

コストコの退会方法

退会はあっさりと簡単に手続きが済みます。
メンバーシップカウンターに行き、会員カードを出して「退会したい」と申し出るだけです。
退会の引き留めもなく、あっさりと手続きが終わり、年会費が返金されます。

退会理由1:決して安くない。単価ベースで高い!

これが一番の理由です。
普段行くスーパーの西友、イオンの品揃えと値段を比べると決して安くはないんです。中には安いのもあるかと思いますが、魚・肉・野菜。普段買っている食材でベンチマークしたところその結果になりました。
コストコの魅力って大量に買って、仲間・他の家族とワイワイとシェアして割り勘にするので安いとか聞きます。でも、わが家には特にそのようにつるんで買い物に行ったりする家族仲間はいません。だから、大量に買っても特に得しないんです。w

退会理由2:必要な時に、必要な量だけ買えば良い

大量のパン、肉、魚を買い込むのは良いのですが結局保存は冷凍になると思います。
冷凍になったら今度はそれを消化するための”作業”になります。
「冷凍庫の中の●●を食べなきゃいけないから…」という理由での食事の準備はちょっと….。
コストコ初日に買ってきたパンを数日かけて食べている時はそうでした。

コストコのテーブルロールきっちりとレシピ計算をしている方には問題ないかと思いますが…。

退会理由3:安けりゃ良いではダメ

コストコに来ている方が良く買っているのを見かけるコストコの水ですが、ラベルをよく見てみるとアメリカの「水道水」なんですよね。

コストコの水は水道水日本の家庭の浄水器をつけた水道の方が良い水なのでは?と思ってしまいます。もちろん主観意見なので品質の良し悪しはこの記事ではこれ以上掘り下げませんが。ただ、正直まずい。w

退会理由4:交通費(ガソリン代)・小分けの手間がかかる

コストコは電車でも行けますが、現実的に買い物をしたらクルマで持って帰るのが前提なスーパーだと思います。
クルマで行くとなると交通費(ガソリン代)がかかります。私のクルマはそれほどエコではないので数リッターかかるかと。
そのガソリン代と、帰ってきてからの小分けの手間、小分けする袋・ラップ代を考えるとやっぱり「理由2」の思いになります。

退会理由5:出口の万引きチェックが気分悪い…

これも主観意見ですが、出口での万引きチェックの検問が気分悪いです。入会時にこのチェックがあることは承諾事項に入っていますが…。

退会理由6:休日の混雑・そこまでして買いにいく必要性はあるか?

買い物に行けるのは休日です。
休日の午前中なら空いているかなと思ったらやっぱり混んでいました。カートを押して歩くのもまともに進めず…。
入口で並んで、店の中を思うように動けず、レジで並んで、フードコートで並んで、ギュウギュウな座席で他の家族とくっついてピザを頬張る。
で、出口の万引きチェックで並ぶ。最後の最後まで人がいっぱいです。人混みが苦手な私には無理な環境です。w

まとめ

色々とコストコへの思いを書いてしまいましたが、勢いで入会してしまった方へ冷静になるための参考になれば幸いでございます。
もちろんコストコをフル活用できている方には意味のない記事ですが。