【通勤途中・昼休みに株取引】SBI証券のPTS取引がオススメ

通常の株取引は9:00~11:30の前場、12:30~15:00の後場だけですが、PTSという取引なら、毎営業日8:20~16:00(デイタイム・セッション)、19:00~23:59(ナイトタイム・セッション)で株の売買が行えます。

つまり…通勤途中の電車の中やちょうど昼休みにひと勝負ができるのです。
夜間も23:59までできるので、帰宅後に寝るまでの間もできます。

決算発表の後にリアルタイムで取引できる

例えば、今日(2014/08/08)のミクシィの超絶素晴らしい決算発表(15:00すぎ)までの東証マザーズ市場ではだいぶ値を下げていたのに、決算発表直後のニュースを見てまったく逆の値動きをしていました。この様なニュースにすぐ飛びつけるのもPTS取引の醍醐味です。

PTS-mixi

昼間の市場が開いている時は比較して値動きを見ることができます。

PTS取引ならSBI証券がオススメ

手数料が安い(「SBI証券 」では手数料は取引所取引より約5%安い!)というメリットもあります。
国内最大規模の売買代金であるPTS市場「ジャパンネクストPTS」と接続している「SBI証券 」での取引がオススメです。