NISAの読み方は?答えは「ニーサ」と読みます【NISA口座の作り方】

「NISA」=「ニーサ」と読みます。ニサ、エヌアイエスエーではありません。w

NISAの読み方から入りましたが、もうNISA口座は作りましたか?
まだこれからということであれば「SBI証券」 がおすすめです。

NISA(ニーサ)とは

NISA口座を作っておくとこんなメリットがあります。

・上場株式や公募株式投資信託の配当・譲渡所得等が5年間非課税
・毎年最大100万円まで非課税投資が可能

株取引をしようとしている方はNISA口座を作っておいた方が良いですよ。

SBI証券のNISA口座がお得な理由

SBI証券」 はネット証券最大手なのでまずは安心感があります。

実際のNISA口座比較を見ても以下の様なお得なポイントがあります。

【国内株式】国内株式手数料:一律0円!

【投資信託】買付手数料無料のノーロード投信本数480本以上!

【外国株式】海外ETF買付手数料実質0円!

他にもお得なポイントがいっぱい。詳しくは「SBI証券」 のサイトをご覧ください。

SBI証券でNISA口座を簡単に作れます

すごく助かったのが「住民票取得代行」を無料でやってくれるキャンペーンでした。
普段仕事をしている身だと住民票を取りに行くのもしんどいです。
SBI証券 」では時々キャンペーンで「住民票取得代行」を無料でやっています。

SBI_NISA_01

NISA口座申込書と委任状にサインと印鑑を押して、ポストに投函。
たったこれだけの手間でNISA口座を作ることができます。

SBI_NISA_02 SBI_NISA_03

もちろんNISA口座の開設も無料です。
↓↓↓
SBI証券 」にまずはアクセス

ぜひお試しを!