WordPres記事のAMP対応

最近、話題のAMP対応。このブログも対応しました。
※一時プラグインを停止している場合がありますが。

AMPって何者?

「Accelerated Mobile Pages」の頭文字をとってAMPといいます。
モバイルページの高速化表示対策というような意味かと思います。

Googleが推進してきたので、AMP対応をしておくことが今後SEOでも重視されるようになるでしょうね。

WordPressのAMP対応

以下の「AMP」というプラグインを入れてこのブログもAMP対応をしました。

https://wordpress.org/plugins/amp/

AMP対応したページを見る方法

今回入れたプラグインの場合はURLの後ろに「 /amp/ 」「 ?amp=1 」をつけるとAMP対応で見ることができます。

通常のページ

wordpress_amp_002

AMP対応のページ

wordpress_amp_001

AMP対応すると広告が表示されないのがネック

標準のテンプレートでは余計な読み込みを除いたものになっているので、記事タイトルと本文、作成者などの情報のみです。
AMP対応の記事がGoogleに拾われてアクセス数が増えても、広告収入にはつながらないのがネックです。w

まとめ

GoogleってSEOで重視しているのは「閲覧者にとって有益になるように」なので、AMP対応も今後は重要な項目になるかと思います。

ぜひお試しを!